61話の俺得修学旅行 「北条那由子が女になる」

 

61話の俺得修学旅行の見どころは・・・

やっぱり「北条那由子が女になる」ところです。

北条那由子がついに処女が解禁されます。

 

主人公である勇太の欲望のままに、動物のメスのように扱われている姿が、堪らなく興奮します。

動物のように扱われているのに、那由子は感じてしまう。

勇太が挿入しながら左乳首とクリトリスを責められている那由子の表情がとてもエロいです。

最後には、那由子は

「もうダメ、、、コレ好き、コレ好き!」

と言いながら、イッてしまうシーンは、今まで鉄の処女だった那由子ではないような、

新しい那由子が見れて、とても良かったです。

 

勇太に中出しされているのに、気持ちいいと言ってしまったりするところは、さすが勇太のテクニックだなと感じさせられます。

俺得修学旅行61話の中で、一番好きなシーンは

「バックで責められている」シーンです。

 

俺得修学旅行は、絵が綺麗なため、とてもセックスの臨場感が伝わってくるので

那由子がバックで責められているところでは、自分も興奮させてもらいました。

 

絆創膏を乳首とクリトリスに貼って、現れてきた北条那由子に対して、勇太は

「乳首とクリトリスを触れないように気を付けたらいいですね」

と言って、行為が始まります。

次第に那由子は、乳首とクリトリスを触れられたいと感じるようになります。

那由子のマンコからは、トロトロの汁で絆創膏が剥がれてきました。

それに気が付いた

勇太は「そろそろいいですね」

と言い、

那由子は「あなたに任せる」

と言い、

ついに那由子の鉄の処女が解禁されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.