俺得修学旅行61話 屈辱と快楽のコラボ

待ち望んだ61話の感想

完全に那由華は勇太に翻弄されて堕ちてしまいましたね。

好き、という部分を保奈美に気遣ったのか、それとも自分に残ったプライドなのかわからないですが「コレ好き」に置き換えていたのが印象的でした。

今回も正直面白かったんですが、俺得もここまでくると最終回が少し見えてきたような感じで寂しく思ってしまいます。

ここまで連載が長いとtoloveるみたいに濁したエンドが一番いいかなとも思いますが、次話どうなるか期待です。

 

俺得修学旅行61話のあらすじは?

那由華は一方的に責められ続け、快楽の沼へまっ逆さまに堕ちていきます。

テープで敏感な部分を隠したのは失敗だったと後悔するのでした。

勇太の執拗な責めが続き

いよいよ鉄の処女が開門することになります。

年下の勇太の欲望のままになり、屈辱に思うものの肉体は勝手に反応してしまい、気持ちいいとは言えない那由華でした。

テープを次々に剥がし、那由華は恥辱よりも快楽が勝ってしまいます。

勇太と那由華は同時にイってしまいますが、クローゼットの中から聞きなれた声を聞いた勇太は!?

 

 俺得修学旅行61話 ネタバレ

勇太の責めで快楽の虜になる那由華でした。

絆創膏で隠しておいた部分をかえって触って欲しくなってしまいます。

那由華が充分濡れたのを確認して、勇太は挿入します。

行為のさなかの愛液の音に那由華は屈辱を覚えますが、身体が勝手に反応してしまうのでした。

理性を残していた那由華でしたが、勇太が絆創膏を剥がすと理性が崩壊します。。

那由華は容赦のない責めと雌のように扱われ屈辱を感じますが、陰核を直接責められると完全に堕ちてしまいます。

そのままイッてしまい那由華は茫然自失です。

そして勇太は聞き覚えのある声を室内から聞くのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.